< ホ ー ム >

     全国空襲連運営委員会の
             意気込みを伝える朝日新聞記事

 426日午後、全国空襲被害者連絡協議会の第3回運営委員会が台東区民会館で行われました。

 昨年末の衆議院選挙結果など厳しい状況報告と、超党派「空襲被害者等援護法(仮称)を実現する議員連盟」の再構築へ、体制の検討を慎重に進めています。

 「戦争被害受忍論」の不合理と、軍人・軍属への戦後累計53兆円を超す年金補償と民間被害者への補償ゼロの大きな較差の不合理、その酷さは国民の世論を喚起させることになるでしょう。
 
 運営委員会の
意気込みを伝える朝日新聞記事

朝日新聞 朝刊 東京版 2013年(平成25年)4月27日