戦後70年目の 3月10日
                                          都市空襲 と 東日本大震災

 東京空襲犠牲者遺族会の22名の方々が、「東京慰霊堂」と「東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑」で犠牲者を追悼し献花しました。
 
 東京都慰霊堂に参列した安倍首相は、追悼の辞で「あれから70年、戦災によって命を落とされた方々の尊い犠牲の上に、われわれが享受する平和と繁栄がある」とし、「過去に対して謙虚に向き合い、悲惨な戦争の教訓を深く胸に刻みながら世界の恒久平和のために能う限り貢献する」と述べた
(産経新聞)


クリック→ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150310/k10010010141000.html

       東京大空襲から70年 遺族らが祈り
            3月10日 11時51分
東京大空襲から70年 遺族らが祈り  
k10010010141_201503101220_201503101225.mp4
 およそ10万人が犠牲となった東京大空襲から10日で70年となり、東京・墨田区の東京都慰霊堂では、遺族らが犠牲者に祈りをささげました。
 東京・墨田区などの下町一帯は、昭和20年3月10日未明、アメリカのB29爆撃機による空襲を受け、下町を中心に26万戸以上の建物が焼け、およそ10万人が犠牲となりました。
 70年となる10日、東京都慰霊堂で行われた式典には秋篠宮ご夫妻も参列され、安倍総理大臣や東京都の舛添知事、東京大空襲で家族を失った遺族などおよそ350人が焼香して犠牲者を追悼しました。
 慰霊堂には、名前が判明していない多くの遺骨が納められていて、式典のあとも、多くの遺族らが訪れ、静かに手を合わせて祈りをささげていました。
 また、慰霊堂脇の施設には、遺族の申し出などをもとに東京都が作成したおよそ8万人の犠牲者の名簿が納められていて、ことしは、新たに174人の名前が追加されました。
東京大空襲で両親や兄弟の家族5人を亡くした81歳の男性は、「70年たった今もやり切れない気持ちになります。同じ思いを2度と誰にもしてほしくないです」と話していました。
 また、家族や親類の8人を亡くした91歳の女性は、「年齢を重ね、毎年、今回が最後だと思ってお参りに来ています。戦争は絶対にしてはいけないと思います」と話していました。

小学校で体験者招き特別授業

 東京大空襲で周囲が焼け野原になった東京・墨田区の言問小学校では、70年の節目に全校児童が地域のお年寄りの体験を聞く特別授業が行われました。
 東京・墨田区の言問小学校は、東京大空襲で奇跡的に焼け残り、今も昭和12年の開校当時の校舎で児童が学んでいますが、周囲は焼け野原になりました。
 空襲から70年となる10日、学校では地域のお年寄りの体験を聞く特別授業が行われ、全校児童およそ210人が出席しました。
 招かれたのは、この学校の卒業生で、3歳のとき自宅で空襲を体験した横井正男さん(73)で、当時の様子について、「祖父は警防団にかり出され、祖母と母親と1歳になる弟と一緒に防空ごうに避難しました。炎が迫り、体の震えが止まらなかったことと、近くの言問橋で多くの人が亡くなったことを覚えています」と語りました。そのうえで、「当時の私と同じ年頃の子どもたちが、戦争で両親を亡くし、上野駅近くの路上で寝起きしているのを見て、戦争の悲惨さを感じました」と話しました。
 話を聞いた6年生の男の子は、「今、住んでいるところで戦争があり、多くの人が犠牲になったことを改めて知りました。二度と戦争は起きてほしくないと思います」と話していました。

 3月10日 朝日新聞

戦後70年 動く年表特集ページへ


 3月10日 毎日新聞

 一晩で約10万人の命が奪われたとされる1945年の東京大空襲から、10日で70年を迎えた。猛火の中を生き延びた人々の高齢化が進む中で、惨禍をどう語り継いでいくのか。東京都内の各地では犠牲者を悼む法要や平和を祈る集いが開かれた。

 墨田区の都慰霊堂で午前10時から、東京大空襲と関東大震災の犠牲者を追悼する「春季慰霊大法要」(都慰霊協会主催)が営まれ、遺族ら約600人が参列した。

 法要には秋篠宮ご夫妻が参列され、安倍晋三首相も歴代首相で初めて出席した。都慰霊協会の檜垣正已会長が「今日、私たちが享受する平和と繁栄は多くの尊い犠牲とご遺族のご苦労の上にあることを忘れてはならない」と式辞。読経の後、安倍首相は「平和への誓いの下、過去に対して謙虚に向かい合い、悲惨な戦争の教訓を深く胸に刻みながら、世界の恒久平和のために、あたう限り貢献してまいります」と追悼の辞を述べた。その後、遺族代表らが焼香し、犠牲者の冥福を祈った。

 都によると、昨年1年間で新たに174人の犠牲者名が判明、慰霊堂隣の平和祈念碑に納められた犠牲者名簿の人数は計8万324人になった。【戸上文恵】

 ◇東京大空襲◇

 第二次世界大戦末期の1945年3月10日未明、米軍の爆撃機B29約300機が東京・下町に約1700トンの焼夷(しょうい)弾を投下。隅田川両岸一帯が猛火に包まれ、現在の江東、墨田、台東区を中心に約26万戸の家屋が焼失した。死者は約10万人、負傷者約4万人と推定される。米軍は日本の戦意喪失に効果があるとみて同様の無差別攻撃を各地で行った。


産経新聞 310()1250分配信
  東京大空襲70年
   首相「恒久平和のため貢献する」遺骨安置の慰霊堂で法要
    

 約10万人が亡くなったとされる東京大空襲から節目の70年を迎えた10日、犠牲者らの遺骨が安置されている東京都慰霊堂(東京都墨田区)で、秋篠宮ご夫妻をお迎えし、法要が営まれた。遺族約600人のほか、安倍晋三首相、舛添要一知事らが出席、犠牲者の冥福を祈った。

  都慰霊協会によると、首相の参列は初とみられる。安倍首相は追悼の辞で「あれから70年。戦災によって命を落とされた方々の尊い犠牲の上に、われわれが享受する平和と繁栄がある」とし、「過去に対して謙虚に向き合い、悲惨な戦争の教訓を深く胸に刻みながら世界の恒久平和のために能う限り貢献する」と述べた。

  会場の慰霊堂には入りきれないほどの参列者が集まり、花を手向けたり、焼香したりし、それぞれ手を合わせて故人をしのんだ。

  毎年参列している江東区の堀池郁子さん(79)は大空襲で母と姉を亡くしたといい、「今でも食べる物に困って夢中で探していた当時のことを思い出す。こういう機会を通じて若い人に当時の悲惨さを知っていただきたい」と話した。